契約送迎バスを導入するメリットはたくさん

契約送迎バスのメリット

契約送迎バスは、トラブルに強く、
運行が止まることはほとんどありません

送迎バスで一番困るのは「運行」が止まる事

「朝夕の従業員の送迎で、もしバスが故障してしまったら・・・」
「ホテルのシャトルバス(送迎バス)が事故に遭ってしまったら・・・」
「一人しかいない送迎バスのドライバーが体調不良で休んでしまったら・・・」
自社で運行している場合、送迎バスの運行はストップし、従業員、お客様に大変な迷惑がかかってしまいます。
契約送迎バスであれば、運行がストップすることはありません。

契約送迎バスだと・・・
車両の差し替えが可能

もし車両が故障したり、事故にあってしまっても、契約送迎バスであれば、別の車両で運行可能です。

事故の処理も代行

事故の処理は大変な労力です。自社バスだと事故にあった場合、事故の処理は全て自社で行う必要がありますが、契約送迎バスであれば、当社で行います。

担当ドライバーが休んでも問題なし

もし担当ドライバーが体調不良で休んでしまっても、別のドライバーが運行いたします。

その他の契約送迎バスのメリット

営業者登録済の車両でプロのドライバーが運転致しますので、
お客様は安心してご利用頂けます。
全てのバス会社が保険に加入しており、万が一の場合でも迅速に対応致します。


自社でバスを保有するには、車両価格・ドライバーの人件費・車両維持費(保険や燃料)etc・・・
膨大な費用が掛かります。
契約送迎バスはそれら費用一式が含まれており、しかも大幅にお安い価格でご案内致します。
自社でバスを保有した場合は事情によりバスを使わなくなった場合でも所有が残りますが契約送迎バスではそのようなムダも発生致しません。


契約送迎バスを利用すれば、自社で車両を所有する必要が無く、運用の負担がありません。
車両のメンテナンス、ドライバー教育や車両を所有する為の面倒な手続きもありません。


顧客の囲い込みにはサービスが欠かせません。
そこでサービスの一つとして送迎バスを提案致します。
例えばスーパーの無料送迎バス・・・
お客様→無料送迎バス利用→満足→リピーター化
この好循環をプロデュース致します。


社員送迎バスの場合、貸切ですので外部の人は乗車できません。
外部と比較した際の優遇・・・企業への忠誠心も高まります。


企業の社会貢献として、マイカー通勤自粛によるCO2削減の取り組みはいかがでしょうか。
環境への取り組みとしてCO2削減=これも一つのエコだと考えております。


もし自社所有のバスが事故を起こしてしまった場合、その処理で大変な労力がかかります。
契約送迎バスなら、代わりの車両の手配もスムーズに行います。
早朝、深夜などの運行でも、安心してご利用いただけます。